チャットボットって何? チャットボット

近年世間で注目されている「チャットボット」
「よく聞くけど何かわからない」という方も多いのではないでしょうか?

このページでは、そんな方のために!
「チャットボットとは何か?」から「活用のポイント」までを分かりやすくご紹介します。

 

チャットボットの作り方についてはこちらから!

チャットボットとは?

「チャットボット」とは、インターネットを利用したリアルタイムコミュニケーションツールである「チャット」と人間に代わって一定のタスクや処理を自動化する「ボット」を組み合わせた言葉で、「テキストを通じた自動会話プログラム」のこと。プライベートでも多くの人が使っていて手軽なツールと、少し先の未来の技術のコラボレーションは何か便利な予感を感じさせることから「AI」の普及と共に注目を集めるようになりました。

「チャットボット」の捉え方や考え方や期待は人それぞれですが、一般的には人間の脳が働く仕組みを再現している「人工知能(機械学習型)」と、過去に行った会話や登録された情報を元にして回答を行う「人口無脳(ルール型)」の2パターンに大別できます。

人工無能と人工知能

チャットボットは、利用者自身が仕組みをプログラミングする必要があります。

プログラミングと言われると少々ハードルが高く感じるかもしれませんが、「人工無脳(ルール型)」なら、ルール(質問/回答パターン)を用意すれば簡単に作成可能です。対して、「人工知能(機械学習型)」は機械学習のためのエンジンが必要で、期待する回答をもらえるようにするには作りこみと大量のデータが必要になるため、スキルが求められますが、機械学習をするのでルールのメンテナンスにかかる手間は減らせます。

 


※トライアル申込ページの「その他、ご質問など」欄に「API利用希望」とご記入の上お申込ください。

チャットボットで業務効率化

チャットボットを作成できるビジネスチャットは多いですが、どのビジネスチャットでもチャットボットを作れるわけではありません。
でも、安心してください。TopicRoomでもチャットボットを作成可能です!

最も簡単な人工無脳での活用例は、よくある質問などをチャットボットに覚えさせてTopicRoomを簡易マニュアル代わりにすることでしょう。
決められた時間にボットに決められた発言をさせてTopicRoomを備忘録の場にすることもできますし、自分専用にもチーム共用にすることも出来ます。

他システムとの連携で業務効率化

更に、スケジューラーやアドレス帳などの外部システムと連携したチャットボットを作成することも可能です。これにより、TopicRoomをユーザーインターフェースとして外部システムの情報を入手できるようになるため、色々なシステムにログインする手間を減らすことができ、業務を効率化できます。

 


※トライアル申込ページの「その他、ご質問など」欄に「API利用希望」とご記入の上お申込ください。

チャットボット活用のポイント

 チャットボットの作成はプログラミングが必要なため、活用される状態になるまでには時間がかかります。また、ビジネスチャットを「チャットボットのツール」とすると、せっかく準備しても期待したように社内活用されません。

 「チャットボット」は「ビジネスチャット」のおまけと捉え、まずは普段のコミュニケーションの場をビジネスチャットにすることから始めましょう。普段当たり前に使っているツールにチャットボットを用意することで、チャットからできる業務の幅がぐんと拡がり、業務効率化に繋がります。

 


※トライアル申込ページの「その他、ご質問など」欄に「API利用希望」とご記入の上お申込ください。

まとめ

 高セキュリティで業務でも安心して使えるビジネスチャットTopicRoom。メッセージ送信だけでなく、管理機能も含むほぼ全ての機能のAPIを公開しています。Topicroomならより安全で、より便利に業務を行えます。

また、今回紹介した活用方法はほんの一部で、可能性は無限大!自分の業務やツールに合わせて自分にとって便利なチャットボットを沢山作ってみましょう。

 

Hubot用TopicRoom開発キットもご用意!
トライアルでチャットボット作成を体感できます!


※トライアル申込ページの「その他、ご質問など」欄に「API利用希望」とご記入の上お申込ください。

topへ戻る