働き方改革におけるビジネスチャットの使い方 イベントレポート

2019年2月6日と20日の2日間、TopicRoomは「働き方改革におけるビジネスチャットの使い方」セミナーを開催しました。
多くのお客様にご来場いただきましたので、今回はお客様にご協力いただいたアンケートの結果と共に当日の様子をご紹介いたします。

 

 

セミナー概要

「働き方改革におけるビジネスチャットの使い方」セミナーでは、
 
 「働き方改革、どうしたらいいの?」
 「テレワークを始めてみたけど、うまくいかない・・」
 「ビジネスチャットの業務活用イメージがわかない」

こんなお悩みをお持ちの方を対象に、弊社の働き方改革事例や働き方改革におけるビジネスチャットの活用事例、ビジネスチャットの選び方、TopicRoomの特長を3部構成の講演でお話しいたしました。(セミナー詳細はこちら

  
第一部           第二部           第三部

また、各回定員10名と少数での開催とし、体験や質問・相談のお時間ではお客様一人ひとりにたっぷりお話を伺わせていただきました。
参加された方からは、
   「質問へ回答いただけて検討の参考になりました。」
   「管理者の運用について、具体的なアドバイスをもらえて参考になった。」
   「働き方改革のヒントを得られた。」
といったご感想をいただき、検討の参考にしていただけたようです。

講演詳細

セミナー前半で行った3部構成の講演についてもう少し詳しくご紹介します。

●1.働き方改革におけるビジネスチャットの使い方

「働き方改革」って何?

といったところからスタートし、厚生労働省の「働き方改革」の定義の解説から弊社の働き方改革と弊社が提案するソリューションのご紹介、一番初めにやるべき働き方改革の準備、チャットの必要性など、弊社の事例を交えてご紹介いたしました。

●2.TopicRoomのご紹介

一言に「チャット」と言ってもプライベートで使っている無料のものから会社公認のものまで様々です。
それらがどのように分類されていて、なぜ「ビジネスチャット」というジャンルを選ぶのか、そして更にその中でなぜ「TopicRoom」を選ぶのか、TopicRoomって何だろう?といったことを利用シーンと合わせてご紹介いたしました。

●3.TopicRoomの使い方

こちらでは、TopicRoomの基本操作と便利機能を日常の活用事例と合わせてご紹介し、これらについては後半のTopicRoom体験で実際に操作・確認いただきました。
 
 

▼セキュリティチェックポイントはこちら▼ 

サービスやシステムを導入するときに重要視すること

 

TopicRoomに普段お問い合わせいただくお客様と同様、セミナーに参加されたお客様もサービスやシステムを導入する時には「セキュリティ」を最重要視されていらっしゃいました。(過去コラムはコチラ

近年、ビジネスチャットは沢山あり、「何が違って、どう選んでいいのか分からない」といった方も多くいらっしゃいます。「あれもこれもできた方がいい」「チャットだけできれば十分」といったように要件が明確になっていれば比較的簡単に選定できるかもしれませんが、多くの企業はその要件を決めることに悩んでしまっています。

また、各製品のサイトや比較サイト、記事などから何とか要件を決め、製品を選定した後で自社のセキュリティガイドラインをチェックしたらNGであることが判明し、選定が振出しに戻ってしまったといったことも少なくありません。

そのため、検討の初めから「セキュリティ」を念頭に置き、ガイドラインを意識して検討する企業が増えています。

 
 

▼セキュリティチェックポイントはこちら▼ 

おわりに

「働き方改革」はすぐには効果が出ません。

ツールの導入だけでなく、制度の見直しや設備投資、今あるシステムとの連携が必要なこともあります。導入後に効果が出るまでにしなくてはならないことも沢山あります。

そこで、「働き方改革」の準備としてまずは今の業務に「ビジネスチャット」を加えてみませんか?今の業務でビジネスチャットが当たり前の存在になれば、テレワークによりチームメンバーが離れて働くことが当たり前になった時にコミュニケーションの不便さを感じませんよ。まずはトライアルから試してみてください。
 
 

 

30日間
無料トライアル
topへ戻る