働き方改革に着手する前にすべきこと 働き方改革

現在、日本の労働力に関する問題点の解決策として急速に求められているのが「働き方改革」。

働き方改革を実現して労働生産性を高めることができれば、企業はこれまで以上に効率よく業務を進め、業績を伸ばしていくことができるでしょう。ただ、企業で働く多くの社員は、これまで続けてきた従来の働き方に慣れており、いきなり働き方の基礎となるルールを大きく変更してしまうと、社員は変化についていけません。「千里の道も一歩から」という言葉もある通り、働き方改革の実施についてもまず目の前にある課題をひとつひとつ解消していくことが大切です。

そこで今回は、企業が働き方改革へ着手する前に知っておきたい「ビジネスチャット」の必要性を解説します。

 

 

 

「働き方改革」は国内の労働力不足を解消するために打ち出している方針

まず、近年よく聞く「働き方改革」とは何でしょうか?なぜ、企業としてはもちろん国としても「働き方改革」が必要なのかご存知でしょうか?

「働き方改革」とは、少子高齢化による労働力不足を解消するため、政府が打ち出している働き方の見直しプランです。

 * 長時間労働をなくす
 * 非正規雇用と正社員の格差をなくす
 * 高齢者にも働いてもらう

これら3つの柱を実現していくことで、これまで社会で活躍できていなかった人材にも働いてもらうことで労働力不足の解消を狙っています。

長時間労働を減らせば過労死などの問題も減少しますし、副業などで成功する人も出てくるでしょう。非正規雇用の格差が解消されれば、賃金や福利厚生が充実して生活が安定し、稼いだお金で経済を回してくれます。定年退職した高齢者の経験を活かせば、ノウハウの継承もできて労働力も増えるといった考えです。

働き方改革に向けた社内コミュニケーションの効率化がカギ

「働き方改革」と言ってもまず「何から始めたらいいのだろう?」と壁にぶち当たります。インターネットや展示会等で調査を進めると働き方改革を謳った製品が多く、「どの働き方改革製品が必要なんだろう?」「そもそも自分達は今何が課題何だろう?」と迷われる方も少なくありません。

「長時間労働をなくす」「非正規雇用と正社員の格差をなくす」「高齢者にも働いてもらう」という働き方改革を構成する3つの柱の中で、企業が取り組みやすいのは「長時間労働の解消」です。長時間労働を解消する場合、大雑把にいえば人手を増やすか業務を効率化するしかありません。しかし、予算や売り上げに限りがある以上、企業が考えるべきなのは業務の効率化となります。

そして、どんな業務でも基盤となっているのは「コミュニケーション」です。業務の効率化や働き方の変化への対応は業務の基盤となっている「コミュニケーション」がカギを握っていると言っても過言ではありません。つまり、働き方改革へ着手する前に、企業は社内コミュニケーションの効率化が必要なのです。

 

ビジネスチャットの導入で社内コミュニケーションを効率化

そこで役立つのが、「コミュニケーションツール」の導入です。中でもチャット形式でやり取りできるビジネスチャットをはじめとした「ビジネスチャット」はここ数年で多くの企業が導入し、メールと電話に並ぶ第三のコミュニケーションツールとして欠かせない存在となっています。

ビジネスチャットであれば複数人でリアルタイムに時系列に意見が流れる形式でやり取りでき、無駄なくスピーディーに情報共有や意見交換ができます。
従来は文字での社内コミュニケーションはメールが主流で、メールならではの文面を考えたり、厳重な誤送信確認により気軽なコミュニケーションは抵抗がありました。また、届いてから返信するまでタイムラグがありますし、同時に複数名で意見交換ができないため、コミュニケーションの無駄も多発していました。

申請や証跡を残したいものはメールが適しておりますが、それらの事前確認や、仕事の質問や相談、問い合わせなど、あらゆる業務の連絡がチャットに統一されれば、社員は手を止めずに次々と仕事を進めていくことができるでしょう。

 

 

 

ビジネスチャットでテレワークに対応

ビジネスチャットなら、ネット環境さえ整っていればどこからでも連絡を取れます。さらに、業務上必要なファイルのやり取りもでき、セキュリティーも万全なので、在宅勤務や時短勤務などのテレワーク人材を活用可能です。

ここでポイントとなるのが「テレワークのためのビジネスチャット導入ではない」ということです。ビジネスチャットはみんながログインしてコミュニケーションをとらないと意味を持ちません。そのため、「ビジネスチャットはテレワークをする人のためのもの」と位置付けると業務効率化の効果は出ません。普段からビジネスチャットを業務で活用し、ビジネスチャットを身近な存在にすることで離れていてもチームとして働くことに抵抗がなくなり、いつでもテレワークを始められるようになるのです。

 

 

 

まずは改革しやすいところから始めることがベスト

唐突な大改革は変化が大きすぎて社会や人は耐えられないため、企業は働き方改革に向けて細部から働き方を見直していく必要があります。

企業の雇用環境や働き方、キャリアの考え方といったいわゆる「働き方」は、社会を動かす仕組みのひとつです。長時間労働や非正規雇用と正社員の格差などは、そう簡単に解消できる問題ではありません。働き方改革を実施すると、社会の仕組みも社内環境も大きく変わってしまうでしょう。

また、多くの人間は大きな変化に対応できるようになるまで時間がかかります。さらに、大きな変化は費用や準備稼働、効果を体感するまでの時間もかかります。
それゆえ小さな変化から始めることが最適であり、導入しやすいビジネスチャットが働き方改革への第一歩に繋がるのです。

まずは日常の業務にビジネスチャットを「ちょい足し」して、業務効率化を体感しましょう。

 

 

topへ戻る