金融業界における働き方改革 働き方改革

過重労働、サービス残業などによる労働環境の悪化にともない、政府は働き方改革を掲げ、労働者に優しい社会作りに努めています。このような情勢を背景に、昨今では各企業が社員の労働環境の見直しに取り組んでおり、これは金融業界も例外ではありません。

金融企業は、これまで長時間労働を当たり前としてきた面もありますが、そのような体制では今後社会から取り残されてしまいます。そこで、本記事では働き方改革を行うことのメリットと金融業界が働き方改革で改善すべきポイントについてご紹介します。

イメージ画像

 

無料トライアル

働き方改革を行うことの3つのメリット

3つのメリット

働き方改革によってもたらさせるメリットとして、主に下記の3つが挙げられます。

1. コンプライアンス違反をさけられる
法律に定められた労働規則に違反すると、企業側は国から注意勧告を受け、それにより、企業イメージが悪くなり収益の悪化に繋がります。そこで、働き方改革によって企業の就業環境を見直すことで、このコンプライアンス違反への対策が行えます。

長時間労働やサービス残業などの過酷な労働環境から労働者を守るために、政府は労働環境に関する法整備を推し進めています。たとえば、「時間外労働の時間に上限を設ける」、「有給休暇の消化義務」といったものが有名でしょう。当然この新たなルールの施行により、従来は認められていたことが違法とされる可能性があります。つまり、国のルールに則るために企業側は働き方改革を実行する必要があります。

2.生産性があがり、コスト削減に繋がる
コンプライアンスを守るため労働環境の改善を行うことは、企業側にとってデメリットであるように思えますが、必ずしもそうではありません。なぜなら、働き方改革がコスト削減に繋がるケースもあるからです。たとえば、業務の改善を行い今までより短時間で今までと同等以上の仕事量が処理できるようになれば、社員の生産性も上がり、人件費や設備費などのコスト削減に繋がります。

3. 勤務場所や時間の縛りから解放される
働き方改革の一環で社外からでもメールや会議などのコミュニケーションができるようになると、従業員には働く場所と勤務時間の自由が手に入ります。これは、従業員にとって大きなメリットです。このような自由を求めてその企業で働きたいという人も増えるので、人手不足解消にも繋がるでしょう。また、場所を選ばないことで遠方に住む優秀な人材を獲得することも可能です。
 

ビジネスチャットの選び方
業務効率化の事例はこちら

金融業界に求められる働き方改革を4つのポイントで解説

4つのポイント

具体的に金融業界ではどのような改善が求められているのかを以下の部分で解説します。

1. 時差勤務制度を導入して人件費を削減する
社員の出社時間をずらす「時差勤務制度」を導入すれば、業務の効率化・コストの削減も期待できます。

仕事量は毎日一定ではなく、時間帯や曜日によって変わります。場合によっては定時外の作業が不可欠となることもあるでしょう。そこで、時差勤務制度を上手く活用すれば、忙しい時間帯に社員を増やし、暇な時間帯に社員の数を減らすといったことが可能になり、人件費を削減できるのです。

たとえば、銀行窓口では開店時間の9時前に問い合わせが殺到します。そこで、それよりも前に出社し、早めに仕事を終らしておくと、効率的に業務が終わります。実際にこの時差勤務制度を導入し、業務効率化を図る金融機関もすでに存在しているようです。
(参考:金融機関の働き方改革進む/時差通勤や休暇拡充で対応  ※産経新聞社のサイトへ遷移します。)

2. 一斉退社を行って残業時間を減らす
働き方改革の施行により、残業に対する規制が厳しくなりました。そこで、残業を減らし、定時で退社できるよう改革を行った企業が存在します。一斉退社の日を設けることは、コンプライアンスを守る優良企業であるという対外的なアピールにもつながります。

ただし、中には残業が減ることにより収入が減少してしまうことを懸念する社員もいることでしょう。そんな場合には、残業を削減する代わりに成果報酬の仕組みを導入し、社員のモチベーションを高めるといった工夫も同時に行う必要があります。
(参考:金融機関の働き方改革進む/時差通勤や休暇拡充で対応  ※産経新聞社のサイトへ遷移します。)

3. テレワークを導入して通勤時間を省く
職場以外の場所で仕事を行うテレワークを導入すれば、社員は通勤にかかる時間を省き、働く時間をより自由に設定できます。

しかし、IT業界などではこのテレワーク制度の導入が進んでいる一方で、金融業界ではまだ浸透していないのが現状です。その理由の1つとして、セキュリティ面に関する問題が挙げられます。テレワークでは、遠隔地から社内システムにアクセスするため、どうしても社内で業務を行う場合よりもセキュリティ面の不安が大きくなるのです。

ほとんどの金融関連企業ではテレワークの導入が先送りにされていますが、
 「自分の業務に集中でき、作業が進む」
 「往復2時間分の通勤時間を有効活用することで家事、通院を済ませ、睡眠時間も増えた」
 「平日の消防点検や宅配便受け取りに対応できるようになった」
などメリットも多く、実際には対応が求められている制度だといえるでしょう。

 【テレワーク】TopicRoomの特長を見る →

 

4. 文書のデジタル化を行い業務の効率化を図る
従来のとおり、アナログな文書で情報を管理している企業は多いです。しかし、これでは情報検索に時間がかかり、従業員の雑務が増え仕事の効率も下がってしまいますし、リモートワーク導入の逆風にもなります。

デジタル文書に切り替えると、AIを用いた業務効率改善が行えるというメリットもあります。たとえば、多量の文書から抽出したデータを元に顧客のニーズを見つけ出す、業務の改善点を見つけ出すといったことも可能です。最先端のシステムを導入するためにも、文書のデジタル化は必ず行うべきでしょう。

 セキリュティのポイントへ →

 

まずは小さな働き方改革に取り組んでみよう

START

今回は、金融業界が取り組むべき働き方改革について紹介しました。
働き方改革は従業員が働きやすい職場環境を作るためのものですが、従業員の満足度を高めることは結果的に企業全体の利益につながります。しかし、働き方改革を行うには、現行の制度から大きく方向転換することが必要であり、躊躇っている企業も多いでしょう。そこで、まずは小さな改革から始めることをおすすめします。

たとえば、従来メールでやり取りしていたものをチャットベースに切り替えるといったことも小さな働き方改革です。
 「受信できるツールが限定される」
 「重要なメールにリアルタイムに気付けない」
 「相手がメールを読んだかわからない」
といったメールの不便な点もチャットなら解決できます。
(参考:メールとどう使い分ける?ビジネスチャットの効果的な使い方を紹介!

ビジネスチャット「Topic Room」は、シンプルな操作性でありながら、権限設定や通知機能、セキュリティなどに優れており、使い勝手がよいチャットツールです。社内の働き方改革の第一歩として、まずはTopic Roomの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

無料トライアルビジネスチャットの選び方

30日間
無料トライアル
topへ戻る